【3318】メガネスーパー、平成28年度黒字転換&債務超過解消のお知らせ。これで上場廃止解除は確実か?

20160614-001
※上記画像は【3318】メガネスーパー公式サイトより引用。

 昨日に続いて、本日も大幅続落の日経平均。-160.18の15,859.00で取引を終えています。イギリスがEU離脱から離脱する可能性が高いとみる人がおおいことから、間接的な要因で下がったものと推測しています。

 そんな日経平均が弱い中でも、我が物顔の我らが【3318】メガネスーパーより、平成28年度黒字転換&債務超過解消の記載があるIRが発表されました。その詳細を読者の皆様にもご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

平成28年度黒字転換&債務超過解消

参考:当社の純資産、営業利益及び営業活動によるキャッシュ・フローの状況について

参考:業績予想と実績との差異および特別利益並びに特別損失の計上に関するお知らせ

参考:平成28年4月期 決算短信〔日本基準〕(非連結)

参考:過年度有価証券報告書等及び決算短信等の訂正に関するお知らせ

 上記4つの資料はTopの画像にある2016/06/14(火)付の資料(pdfファイル)にリンクを貼らせていただいたものになります。この1番上の資料に、次のようにあります。

 当第1四半期会計期間において営業利益が 16 四半期ぶり、経常利益が 19 四半期ぶり、四半期純利益に至っては 24 四半期ぶりに黒字転換を果たすとともに、以降月次を含む各四半期において黒字化が定着したことから、平成 28 年4月期においては、平成 19 年4月期以来9期ぶりの黒字転換を果たしております。また、債務超過の確実な解消を企図して第 10 回新株予約権や新株式の発行等、継続的に資本増強策を実行することにより、平成 28 年4月期末において当社の純資産は 196 百万円となり、債務超過の状態を解消いたしております。
※上記画像は当社の純資産、営業利益及び営業活動によるキャッシュ・フローの状況についてより引用。

 このように上場廃止の条件となる債務超過の解消とキャッシュフローの黒字化をともに果たしていることから、例年からすると07月下旬頃には東京証券取引所から正式なお達しが出るものと思われます。そこまで待つほうが間違いはありませんが、私は明日からの取引でいくばくかの上昇が見込めるものと思っています。当ブログ開始以前から仕込んできた【3318】メガネスーパーがついに報われるときが来るのでしょうか?資料から推察するに復配まではまだ時間がかかるとは思われますが、先行き不透明感が少なからず晴れたことを、素直に喜びたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA