年金の支払を拒否したくなるお話。こんなんで本当に大丈夫ですか?



 こんにちは、こんばんは、星川ゆうです。今回は私たちの老後に大事な年金のお話です。減額や先送りの話が取り上げられる中、またこんな話が出てきました。

スポンサーリンク

年金で払うお金を投資に回したいです。

 公的年金を受け取り始める年齢を70歳より後にもできる仕組み作りを高齢社会対策大綱に盛り込む検討に入った。内閣府の有識者検討会が大綱の改定案をまとめ、政府が年内に決定する。年金の制度作りを担う会議ではないため、ただちには実現しないが、中長期的な課題として打ち出す。

 年金の受給開始年齢は原則65歳だが、60~70歳の間で選ぶこともできる。70歳から受け取り始めると、受給額は65歳から受給するより42%増える。

 18日の検討会で、座長の清家篤・前慶応義塾長が「もっと先まで繰り下げ支給の幅を広げる可能性もある」と明かした。働ける元気な高齢者を支援する狙い。検討会では、繰り下げできる年齢について「75歳とか、もっと延ばしてもいい」との意見が出た。

※上記は朝日新聞デジタル公式サイトより引用。

 そろそろいい加減にしろと言いたくなるお話ですよね。私はこれまでに、少なくとも数百万円は年金分として納めてきました。もちろん納めたお金が適切に将来の為になるなら、何も問題はないのですが、いかんせん上記の様なお話がここ数年で立て続けに出てくれば憤りを感じるのは当然ですよね。所得税や住民税は自分が普段利用している道路などのインフラ整備にも必要ですし、まだ理解ができます。しかし年金は、現在もらっている人たちに対して使われるものであって、自分がもらえる年金には一切関係がありません。将来的に制度が破綻することになれば、ただのムダになるのです。

 ただし政府的には破綻させることは無いとは思っていますが、納めた年金分に対して割りに合うのかと言われればNoと言わざるをえません。本当なら、全額確定拠出年金に割り当てたいですよね。そうすれば手元にくるお金は変わらずに、投資することができます。ちなみに確定拠出年金自体は、取引する銀行にもよりますが定期預金も選べるので、減税が受けられる分オトクです。ただし、一定年齢まで引き出すことができないのでそこだけは要注意ですね。

 

 

 
 最後までお読みいただき、ありがとうございます。よろしければお気に入り登録・拍手ボタン・各種SNSフォロー等よろしくお願いします。他にも様々な記事を書いているので、そちらも是非ご覧くださいませ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA