【3197】すかいらーくの株価が、1日でマイナス85円という悲劇。その裏には何があったのでしょうか?



 こんにちは、こんばんは、星川ゆうです。今回は2017/08/10(木)に【3197】すかいらーくの株価が1日でマイナス85円という悲劇についてです。その裏には何があったのでしょうか?

スポンサーリンク

すかいらーく、サイドメニュー値上げ 人件費上昇で10月から

 すかいらーくは9日、10月に全ブランドを対象に、ソーセージやポテトフライなどのサイドメニューを値上げする計画を明らかにした。レストランの従業員の人件費が上昇していることに対応する。平均客単価が15円程度上がることを見込む。

 谷真社長が9日開いた決算説明会で表明した。具体的なメニュー名は明らかにしなかったが、「(値上げが)客数減にはつながらない」(谷社長)とみている。2017年1~6月期の業績で、前年に比べて22億円増の人件費を計上した。

 値上げはサイドメニューのほか、飲み物やサラダなど客数に影響が少なそうなメニューを対象にする。都心部では値上げし、地方では据え置くことも検討する。

 すかいらーくは「ガスト」や「バーミヤン」など約3千店舗を運営する。現時点では18年末までに新たに200~250店を出店する中期計画は変更しないが、谷社長は「人材を採用できるかどうかが、計画通りに出店できるかの大きなポイントになっている」と説明した。

※上記文章は2017/08/09(水)19:01日経電子版より引用。

 実は株価が下がった前日に、このようなニュースが出ていました。外食産業においての値上げは、その業績にマイナスの影響が出ると考え手放した人が多かったのではないでしょうか?実際はサイドメニュー中心なので、集客にはあまり影響はないと思うんですけどね。ただ株主からすれば優待券の実質的な価値の減少と捉えることもできるので、そういった意味では残念ですけどね。とはいえ、今の優待を継続できる業績を確保することも大事なのは確かなので、なんともいいがたいですよね。

 また本日はお盆の大型連休前の取引最終日ということもあり、連休前に手仕舞いをする層が多かったのことも原因にあげられるのではないでしょうか?それにあわせて大株主が手放したと考えれば、今回の下げはつじつまがあうのではないでしょうか?ただ個人投資家の中には、今回の下げを買いのチャンスとする見方もあるようですね。

 私も追加で取得したいところですが、あいにく資金に余裕がないので今回は見送るしかなさそうです。もしこのまま株価が下げ止まらないなら問題ですが、優待の額面から考えると12月に向けて改めて上昇するのではないでしょうか?今後の株価に注目したいですね。

 

 

 
 最後までお読みいただき、ありがとうございます。よろしければお気に入り登録・拍手ボタン・各種SNSフォロー等よろしくお願いします。他にも様々な記事を書いているので、そちらも是非ご覧くださいませ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA