SBI証券が大盤振る舞い。1日10万円以下の株式取引手数料を無料に。今まで悩んでいたあなた、これで始めないでどうするの?

SBI証券

 こんにちは、こんばんは、星川ゆうです。今回は私が愛用しているSBI証券で、1日10万円以下の株式取引手数料が無料になったので、みなさまにもご紹介いたします。今までは松井証券の独壇場でしたが、これからは違いますよ。

スポンサーリンク

2017/09/04(月)約定分よりアクティブプラン約定代金合計額10万円以下の手数料を完全無料化!


※上記画像は、SBI証券公式サイトより引用。

 2017/09/04(月)より、1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まる「アクティブプラン」において、10万円以下の手数料を無料といたします!
 当社は、ネット証券唯一(※)となる400万口座の達成を間近に控え、今回の手数料引き下げにより、さらに多くの皆さまの資産形成をサポートさせて頂きたいと考えています。
 当社は今後も「顧客中心主義」の経営理念のもと、「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」の提供に努めてまいります!
 ※比較対象範囲は、インターネット証券の口座開設数上位5社であるSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順)となります。
 ※信用取引において委託手数料とは別に必要となるその他諸費用の詳細はWEBサイト(「信用取引のサービス概要」等)にてご確認ください。

※上記文章は、SBI証券公式サイトより引用。

 今回の株式取引手数料の引き下げに関しては、非常に嬉しいですね。私のような運用資金が乏しい人間にとっては、1日に10万円以下の取引というのはよくあることになります。例えば【3318】メガネスーパーの株式は1,000株取得しても10万円になりません。今までは103円の取引手数料が発生していましたが、それだけで往復(買と売)206円も利益(損益)に差が生まれるのです。

 ちなみに今回手数料が引き下げられたのアクティブプランに関しては、1回ではなく1日の取引金額(売り買い金額の合計)に応じて手数料が決まる仕組みです。極端な話、手数料別で100株10,000円の株式があったとします。1回ごとに手数料がかかる場合、9回買ったらそれが9倍かかりますが、アクティブプランなら1日の取引合計金額が10万円以下なら何回取引しても103円ポッキリです。それが今回の変更で無料になったということなんですね。

 手数料が無料ということは、同じ株価で売買する分には規定金額の10万円を超えない限り損をしないということになります。株に興味はあるけど、まだやったことないというあなた、これを機会に始めて見てはいかがですか?

SBI証券

 

 

 
 最後までお読みいただき、ありがとうございます。よろしければお気に入り登録・拍手ボタン・各種SNSフォロー等よろしくお願いします。他にも様々な記事を書いているので、そちらも是非ご覧くださいませ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA